買い物ガイド支払・配送カート
BBQ 肉 通販
美味しさそのまま冷凍配送!

牛肉の部位

部位別、お肉の特徴

牛肉は、部位によって特徴があり、肉質や旨み、柔らかさ、などが異なります。

かたロース

適度に脂肪がのった柔らかい赤味です。濃厚な旨みと、ほどよい食感が特徴。しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉に最適な部位です。

リブロース

もっとも厚みがある、霜降りの多い部分です。肉質がきめ細かく旨みがあり、お肉の風味はバツグン。ローストビーフ、ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きに最適な部位です。

サーロイン

柔らかく、脂肪分も少なめ、牛肉の中で最高部位と称されています。ステーキに最適、他にもしゃぶしゃぶ、すき焼き、に最適な部位です。

ランプ

サーロインに次ぐ大きな赤身で、柔らかく旨みがある。ステーキ、ロースとビーフ、すき焼きに最適な部位です。

ヒレ

脂肪分が少ないわりに柔らかく上品な旨みがある。一頭の牛からわずかしかとれない、サーロイン、ロースと並ぶ、高級な赤身肉です。ステーキ、バーベキュー、ビーフカツに最適な部位です。

うちもも

脂肪の少ない赤身肉。固まりで使う料理に最適。煮込み料理、ロースとビーフ、ステーキ、と幅広い料理に活用できます。

そともも

うちももより、やや硬めの赤味肉。角切りにして煮込み料理、挽肉に使われる部位です。

うで

ももに比べて霜降りの割合が多いためジューシー。煮込むと独特の旨みが出るので、スープや煮込み料理に最適な部位です。

内臓肉の特徴

ハラミ

牛の横隔膜。赤身に見えますがハラミは内臓肉です。柔らかくローカロリーでヘルシーです。

タン

牛の舌。ビタミン・鉄分・タウリンを多く含む部位。スライスにして焼き肉、角切りでシチューに最適です